TARO BLOG

住宅設備のインターネット販売を行う、サンワカンパニー代表取締役社長山根太郎のブログです。山根自身の取組みや日々感じていることを発信していきます。

中国の住宅市場において

先日、3月19日から21日の日程で中国にて開催された「深センファッション家具設計展示会」を視察し、ゲストスピーカーとして登壇させて頂きました。

 

巨大なLEDスクリーンの前で大勢の中国の方を前に話をするのは少し緊張しましたが、上海駐在時代に培った中国語を駆使して挨拶と自己紹介をするとウケたので、その後はいつも通り会社の紹介をし、すでに中国でサンワカンパニー商品を購入いただけるようになっていることをアピールしてきました。

 

f:id:taroyamane:20190401113440j:plain

 

今回視察をして感じたのが、やはりこの国のトレンドの移り変わりは日本と比べモノにならないほど早いということです。

 

ひと昔前までは、モダンやミニマルなものは市場に殆どなく、金や銀の龍やペガサスの装飾の付いたコテコテのデザインが多かった印象ですが、あっという間にそれらは少数派になってしまっていました。

 

また、更に大きな流れがあります。これまで中国におけるマンション開発は内装には一切手を付けずにコンクリート剥き出しのスケルトン渡しが主流でした。

ところが中国政府は、環境負荷の低減や投機目的の購入を抑えるために、マンション建設においては引き渡し条件をスケルトンからインフィル(内装付)に義務化する方向へシフトしており、これを受けて分譲住宅の内装工事を義務付ける政策が、多数の省や市から発表されています。

 

既に日本においては2003年からシックハウス対策に係わる法規制が出ており、F☆☆☆☆(フォースター)の基準をクリアする建材が多く流通しています。これらは原因となるホルムアルデヒド等級において最上級規格となっており、最も地球環境に優しい建材となっています。中国において投機目的ではなく実需が増えるということは、そこに住む人の安全、安心を考える建材の必要が出てくるということです。

 

以上のことから、中国ビルダーやデベロッパーからサンワカンパニーの建材や設備に対して多くの引き合いを頂いています。特に当社はデザインに力を入れているため、これから家を買う世代に響く商品が多いとの評価を受けており、上海、武漢の既存ショールームを中心に引き合いが増えてきています。

 

近々、中国の販売代理店が法人登記をして1年が経ち、天猫(Tmall)の出店条件を満たすことができるので、インターネット販売を始めることができるようになります。

いよいよ13億人のマーケットに対してアクションが起こせることにワクワクしています。

心の底からチャンピオンになる

『日本の市場が縮小していくので、海外市場に進出します。』

 

といって安易に海外進出して成功するほどビジネスは甘くないと思っています。

長期的な視点でトライアンドエラーを繰り返して前に進んでいくことと、何より世界で戦う組織と文化を作ることが重要です。

 

昨年アメリカのコーヒーチェーン大手の企業が環境保護の観点からプラスチック製の使い捨てストローを2020年までに世界の全店舗で廃止すると発表しました。

 

日本でもウミガメがクラゲと間違えてポリ袋を飲み込んで死んでしまう、砂浜に打ち上げられたクジラの胃の中がポリ袋でいっぱいだった等のニュースを目にします。

実際のところその真偽や比率に対して様々な意見がありますが、分解されずに自然に帰ることが無いのは明らかで、世界的な流れとしてもプラスチック製品に対する規制が強化され、取り扱いを止める企業が出てきています。

 

そこで2月から当社ではショールームに来られたお客様にカタログや資料をお渡しする際に入れるビニール袋を廃止し、全て紙袋に変更することにしました。

 

f:id:taroyamane:20190228111248j:plain

 

その他、梱包資材に使う発泡スチロールの廃止や、サンプルやカタログを送付する際のビニール袋も順次廃止していきます。

 

私はサンワカンパニーを永く続く企業にしたいと考えていますが、そもそも地球で生活できなくなってしまっては企業の存続どころではありませんね。だから自分達でできることは少しずつ行動していきます。

 

また2月の取締役会にて就業規則を、私服で勤務できるように変更しました。

 

こちらも日本国内だけを考えた『働き方改革』という観点だけではなく、多種多様な民族、宗教、風習のスタッフを迎え入れるにはスーツ着用というのは余りに柔軟性がないと判断したからです。

 

往年のテニス選手クリス・エバートは「チャンピオンは心の底からチャンピオンでなければならない。」と言っています。

まだまだ我々は国内市場においても無名の挑戦者です。だけどいつか本当のチャンピオンになるべく、まず心の底である文化と組織をチャンピオン達と同じレベルで、グローバルにしようと決めました。

 

 

『思考は現実化する。』と信じて行動します。

 

一緒に文化を創りたい

先日、「sanwacompany Art Award / Art in The House 2019」のレセプションが行われました。

 

初めての試みであり、さらに推薦人が必要というハードルの高い条件にも関わらずハイレベルな作品を94点も応募頂き、審査員としても非常に楽しく参加させて頂きました。

 

最優秀賞に関しては4月上旬まで東京ショールームに展示しておりますので、良ければ是非ご覧になってください。ファイナリスト5組はいずれも若いアーティストで、せっかくのご縁なので何らかの方法で彼等のアートを実際に見て頂ける場を提供できればとも考えています。

 

f:id:taroyamane:20190215135559j:plain

f:id:taroyamane:20190215140157j:plain

また大阪が世界に誇る伝統芸能である文楽を伝えようと始まった「うめだ文楽」にも今年から協賛させて頂いています。この活動も今年で5周年ということで内容も豪華ですので、文楽に縁がなかった方も会場に足を運んで頂ければ嬉しいです。

 

f:id:taroyamane:20190215135938j:plain

 

我々もまだまだ発展途上であまり社外に割ける経営資源は多くない中で、サンワカンパニーデザインアワードを含めこのような活動を行ったり、支援したりするのには大きく二つの理由があります。

 

まず当社はこれから『ユーザーが思い通りの空間を楽しみながら作る』という文化を創りに行く立場です。

製品やサービスは真似することは出来ても文化は真似できません。今存在しない新たな文化を産み出すことと同様に、今ある良い文化を次世代に残していくことも重要だと考えています。そしてそれはどちらも大変労力のかかることなので、お互いに応援しあえればと思います。

 

次に日本においては、何事も若い人に廻ってくるチャンスが少なすぎると感じたのも大きな要因です。

大企業はすでに有名になっている大御所を起用しがちです。PR効果もありますし、すでに成功しているというプラシーボ効果もあり、社内も説得しやすいでしょう。各々の事情があるのでそれ自体否定はしません。

 

ではオーナー企業である当社に求められているものは何なのか?

 

それは若いデザイナー、アーティスト、伝統芸能の演者のように、これからの人たちに活躍の場や世の中の人の目に触れる機会を提供して裾野を広げること、若い人達が成功していくキッカケを提供することだと考えたのです。

 

そして彼等が成功して家を買うときにサンワカンパニーを使ってくれれば最高じゃないですか。

 

応援し、応援してもらうそんな『文化』を皆さんと創っていきたい。