TARO BLOG

住宅設備のインターネット販売を行う、サンワカンパニー代表取締役社長山根太郎のブログです。山根自身の取組みや日々感じていることを発信していきます。

若者から学ぶ

先日、関西大学にて行われているとあるゼミにて、ゲストスピーカーをさせてもらいました。

 

こちらがなかなか面白いゼミでして、関西大学と一般社団法人ベンチャー型事業承継が提携し、家族が事業を営む学生を対象に、家業の経営資源を活用した新規事業立案をテーマとする「次世代の後継者のための経営学」(通称「ガチンコアトツギゼミ」)を開催しているのです。また、このゼミは大学の垣根を超えて学ぶ機会を提供する「大学コンソーシアム大阪」科目として、大阪府下の36大学の学生も単位互換で履修が可能となっていますので、対象の大学生で興味がある方は来年以降是非受講して頂ければと思います。

f:id:taroyamane:20190624114424j:plain

今年で参加させて頂くのは2回目となるのですが、此方からアドバイスをすることはありません。ただ自分がこれまで経験したことをシェアするのみ。そこから何を学び取るかは学生毎にそれぞれ違うのですが、全員が家業のある家系ということもあり、その参加意欲や講義に対する主体性と集中力は群を抜いていますし、毎回質問も時間ギリギリまで途切れることがありません。

 

日本に存在する企業の90%以上はファミリービジネスであると言われています。このままだと廃業してしまうと言われているビジネスに新しい価値を加えたり、海外で市場を拡大したりして成長させていくことが出来れば日本経済を大きく成長させられるのではないかと思っています。

 

またこの講義に限らず、ゲストスピーカーや非常勤講師をさせて頂いた際には必ず全学生の講義レポートに目を通します。それはこれからの消費を担う若者の感性を自分の中に取り込むためであり、自分の年齢の半分に近い学生から学ぶためです。

 

よく「○○世代」など生まれた年代を一括りにしてその世代の若者の傾向が論じられますが、そんなものハッキリ言って意味がありません。その証拠にどれ一つレポートの内容が同じだった事はありません。

 

あらゆるもののスピードが早くなっている現代においては、我々が学んでいることや、新しく覚えた業務は学んでいる最中からすでにもの凄いスピードで陳腐化しています。そしていつの時代も新しいトレンドは若者から生まれてくるので、若者から学ぶという姿勢がない経営者は時代に取り残されてしまいます。

 

今後も積極的に高校や大学での活動には参加させて頂き、学ばせて頂こうと思っています。

f:id:taroyamane:20190624114504j:plain

サンワカンパニーにとっての競合とは

先日、DIY FACTORYを運営する株式会社大都のイベントに参加させて頂き、『住まいの幸福を疑え』というテーマのトークセッションに登壇いたしました。

f:id:taroyamane:20190612093103j:plain

ここで『DIYってメーカーからすると競合になるのでは?』と思われた方もいますよね。

 

ある部分ではその通りです。

本来であればメーカーから買われていたであろう収納や棚を、木材から自分達で作られてしまうとシェアが奪われてしまうかも知れません。ですが、広い視野で物事を考えると、インテリアや自分達の住む空間に本当の当事者意識が生まれて興味を持ってもらえるようになるという意味では補完関係にあります。DIYでは完結できない匠の技の部分を主体的に知ることによって、職人や大工の客観的な価値にも気付いてもらえるワケです。

(一緒に登壇させて頂いたLIFULL HOME'S 総研所長の島原万丈氏のお話は、同じ登壇者でありながら、申し訳ないくらい気付きと学びが多かったので、無料公開されているレポート「住宅幸福論」を是非ご覧ください。)

 

そして当日にもお話させて貰ったのですが、サンワカンパニーが目指すのはただデザイン性の高い商品を売ることではありません。

自分達の暮らしにそれぞれの個性を反映することによってそこに住む人のアイデンティティを、そしてそれを人に見せるということでコミュニティを産み出すこと、なにより未来を創ることです。

 

日本の住宅業界では、エンドユーザーは長きにわたり情報の格差を利用した企業側の論理を押し付けられてきました。そしてエンドユーザー側もそれでも『持ち家』であることや『新築』であることに満足してしまっていました。

 

さらにこの業界には2000年に当社が直接インターネット販売に乗り出すまで、BtoC(法人から消費者へ)販売をする企業がなかったため、ユーザーとのコミュニケーションがまだハッキリと構築されていません。

 

この世にまだない概念を自分達だけで創り出すことは簡単ではないからこそ、DIY業界やリノベーション業界、ITを駆使して建築業界を良くしていこうというベンチャー起業家のメンバーと新しい業界を創っていきたいと思っています。

 

つまり本当の競合は自分達の時代さえ良ければいいという既得権益者なのです。

 

繰り返しになりますが、僕たちはこれから新しい未来を創ろうという挑戦者や、若い人達を応援する会社です。精一杯応援するので、皆さんも是非応援してください!

f:id:taroyamane:20190612093432j:plain

 

新卒採用について

先日サンワカンパニーとして第3期生となる新入社員の入社式を行いました。

この3期生からはボストンキャリアフォーラムで採用した海外大学出身者が半数となっており、外国籍の学生も積極的に採用し始めました。ですが英語などの語学力は実はそこまで大きく考慮はしていません。

国内採用も含めて、バックグラウンドの違う多種多様な仲間達と一緒に働くことによって個々人も組織も成長し、新しい価値を生み出せると信じているからこその採用方針です。

f:id:taroyamane:20190410110851j:plain

そして同時に2020年4月入社の4期生の採用活動も始まっています。

当社は新卒で入社後、3年に一度必ずジョブローテーションを行い、その際に半年間海外語学研修に行ってもらう育成プログラムになっています。ですので、今、特に海外経験や語学に自信のない方でも気にすることなくエントリーして頂ければと思います。

 

さて2017年まで当社は新卒採用の実績がなく、私を含めスタッフは全て中途採用者で構成されていました。

 

つまりそれぞれが前職の文化を少しずつ持ち込んで形成された混沌とした社風、社内文化でした。ここに全く色の付いていない若いスタッフが入り込むことによって、少しずつ独自の文化が醸成されていっているのを日々感じています。

彼らにはこのまま自分達が思うように企業文化を創り上げて行ってほしいと思います。現在10年で組織の半分が新卒プロパーになるように毎年6~8人ずつ採用を行っており、組織がどう変わるのか楽しみで仕方がありません。

 

また、当社は事業内容としても住宅設備機器や建築資材をインターネットで販売するという業界でもユニークなポジションを取っています。ですから一般的に競合といわれている企業から転職しても、必ずしも前職のノウハウが全て使えるというワケでもないのも事実です。

そこも3年ごとに新入社員にローテーションしてもらうことにより、サンワカンパニー独自のノウハウを確立してもらいたいという狙いがあります。

 

毎年4月になるたび、若者の未来を預かる身として背筋が伸びる思いです。

今はまだ、就職先を人に聞かれても誇れるほど有名ではないかも知れません。だけどそれを自分達で日本を代表する企業にしたんだと言えるような、他ではできない経験を一緒にしたいと思います。

 

新卒でなくても、一緒にやりたいという人も勿論募集しています。

 

一度きりの人生。熱く生きようぜ。

f:id:taroyamane:20190410110948j:plain