TARO BLOG

住宅設備のインターネット販売を行う、サンワカンパニー代表取締役社長山根太郎のブログです。山根自身の取組みや日々感じていることを発信していきます。

デザイン性の秘密

「デザイン賞を多数受賞したり、凄くデザインの良い商品が多いのですが、御社はデザイナーをどのように採用・育成されているのですか?」

 

とよく記者の方や、投資家の方に質問を受けます。

 

自分達で『デザインが良い。』とは恥ずかしくてなかなか言えませんが、他社との差別化要素の一つとして当然力は入れています。当社のデザインチームは勿論優秀です。ですが、では他社には良いデザイナーはいないのかというと、そんなことはないと思います。

 

では何故他社と当社の商品ラインナップが違ってくるのか?今回はその秘密をお話したいと思います。

 

ポイントは実は非常に単純で2つだけです。

 

  • オーナーシップ
  • 顧客目線

 

まず1つ目のポイントについてですが、当社は自社開発商品に関しては全て市場投入が社長決裁となっています。

そして商品開発担当者の私に対する殺し文句は『まだこのデザインはどこも出してないので承認してください。』です。

 

おそらく普通の会社と真逆ではないでしょうか。

 

上司のキャラを理解した上で、このセリフが言えるだけで優秀です。(笑) 他社が出していないから出す意味がある、その責任は許可を出した社長にある。実はこれが最も尖った商品を出し続ける上で一番重要な要素だと思っています。

ただもちろん大コケするときもあります。その時は早期に判断して廃番にすればいいだけなのです。

 

2つ目のポイントは、当社は代理店網を介さず、消費者にダイレクトでインターネット販売を行っているため、住宅設備・建材を扱う企業としては珍しく直接エンドユーザーとの接点を持つことが可能です。

商品ページの閲覧回数が多いのに購買に至っていない、逆に閲覧回数が少ないのに購買率が高い等のデータをデザインや価格戦略の改善に使用することが可能な上に、ショールームに来たお客様から出た要望等もスピーディに商品に反映させています。

 

チャレンジを推奨する風土を作る、商品を押し付けるのではなく顧客の声に耳を傾ける。

 

たったこれだけの事です。すごい秘密を期待された方すみません。

 

そもそも我々はデザインという言葉が日本では広く『意匠』と認識されてしまっていることが問題だと考えています。中国では『設計』と認識されています。

つまりどれだけ見た目が良くても、そのせいで機能性を損なったり、価格が不必要に高くなるものは、『デザインは良いけど高い。』ではなく、『デザインが悪い。』のだと思っています。

 

まだまだ我々には課題も沢山残っています。ですが折角お客様の声をダイレクトに聞けるチャネルを持っているのですから、これからも耳の痛いご意見に向き合うことが『デザインの良い』商品を出し続けるために必要だと考えています。

 

応援よろしくお願いします。

 

ただ好きだから。

なぜ上場企業経営者という多忙な職業にも関わらず、少ない休みを使ったり、早起きをしてまでテニスプレーヤーとしての活動を行うのか。

 

それはシンプルに好きだからですね。(笑)

 

でも15歳から始めて21歳まで青春をすべて捧げたにも関わらず、選手としての活動を辞めると決めた後、しばらくはラケットを見たくもありませんでした。

 

若い頃に真剣に何かに打ち込んでみて一つだけ分かったことは、残念ながら勝負の世界には最後の最後に決して埋まらない『才能』の差が存在するということ。だけどその差は本当に僅かなものでした。この差を感じるところまで努力できたことが、結局大きな自信になりました。今、自分の情熱を注いでいる事業は一人でするものではないので、自分より才能のある人を集めればいいですしね。

 

ただそこまで追い込んだことがない人に軽々しく、『才能』なんて口にしてほしくないかも…(笑)

 

スポーツはどこまで突き詰めても、人生を豊かにするためのツールでしかない。

ツールは使うものであって、すがるものではないんですね。だったら新たな友人作り、そして昔の仲間とも親交を深めるために、トコトン人生を楽しむ道具として使おうと時が経って思えるようになりました。

 

あと、実は昨年体重が増えすぎたことをキッカケに1年間毎朝5時に起きて10kmほど走ってから出社していました。継続は力なりで、毎日アプリでタイムや速度を計っていると面白いように伸びる。おそらく多くの経営者がマラソンや筋トレにハマるのは、普段の業務ではなかなか苦労してもすぐに結果が出ないけど、これらはすぐに数字に表れるからだと分かったんですね。

ただ僕の場合、どこまで数字が良くなっても走っている時間を退屈に感じてしまいました。どうせ健康のために運動をするのなら、何か目標を持ってやりたいと。

 

そんなときにテニスには年齢別の日本選手権があることを知り、35歳の今年から出場できることを知人から教えてもらいました。残念ながらなかなかスケジュールの関係で試合に出れず今年はランキングが足りなかったので出場することはできませんでしたが、福岡で行われた大会で約20年ぶりに公式戦で優勝できたのは本当に嬉しかったですね。

f:id:taroyamane:20181026142122j:plain



来年こそは全日本ベテラン選手権に出場し、日本一になりたいと思っています。

 

それと個人的にまだ駆け出しのジュニア選手の海外遠征費用を、少しですがサポートしています。本人もすごく感謝してくれて遠征から戻ると手紙をくれたり、大会で優勝したらキチンと報告に来てくれています。自分も色んな方にサポートしてもらったので、会社を成長させた上で、テニス界にももっと大きな恩返しができればいいなと思います。

 

何事も目標を持って明るく、前向きに。

本を出しました

先日当ブログでも少し触れましたが、10月11日に著書『アトツギが日本を救う――事業承継は最高のベンチャーだ』(幻冬舎)が発売されました。

 

f:id:taroyamane:20181011125125j:plain

 

内容自体は事業承継を実際に経験してみて当時思ったことと、今感じていることを中心に綴っているのですが、自分が親から受けた帝王学とは何だったのか、社長就任当時の組織から何故大幅に組織を入れ替える必要があったのか等にも言及していますので、アトツギ候補ではない方も手に取って頂けると嬉しいです。 

 

実は書籍出版のオファーは幸いな事に社長就任当時から何度か頂いておりましたが、未だ何も結果を出していないのに偉そうに本なんか出している場合ではないと考えていました。

 

しかし参考にさせてもらおうと色んな企業や経営者を自分なりに研究していく上で、全ての企業ではありませんが、勢いのある企業は社長がしっかり会社の顔になっているということに気付き、その傾向は特に消費者にダイレクトにビジネスをするBtoCの企業に強く表れていると感じたのです。

その方々が優れた業績を出してから書籍を出版したのか、書籍を出したから有名になって成功したのかは定かではありませんし、それはどちらでもいいと思います。

 

つまりビジネスを成功させる上で、使えるコンテンツが自分の中にあるのであれば、皆さん躊躇せずに使っているということなのです。

 

さらに、何となく複数冊以上出すことが書店のコーナー展開をしてもらう事等を考えると望ましいことは想像できたのですが、肝心の一冊目をどうすればいいのかというアイデアが全くありませんでした。

 

そこで当社の社外取締役であり、ご自身も書籍を多数発刊されている出口治明さんに相談させてもらい、幻冬舎様をご紹介頂きました。この場をお借りしまして、出口取締役、幻冬舎で担当してくださった小木田編集長には改めて御礼申し上げます。

 

このように自分は本当に困った時に、色んな方に助けて頂ける幸運な人生を歩ませて頂いています。だからこのラッキーは次の誰かに返さないといけませんので、宣言通り書籍の収益は私が顧問を務めさせて頂いている一般社団法人ベンチャー型事業承継に全額寄付します。彼らの活動を通して、より良い事業承継のケースが増えてほしいと願っています。

 

私個人は書籍を通してサンワカンパニーのことを知ってくれる人が増えればそれだけで充分です。お金は業績と株価を上げて自分の会社から貰います(笑)。

 

アトツギが日本を救う ――事業承継は最高のベンチャーだ――

アトツギが日本を救う ――事業承継は最高のベンチャーだ――

 

 

幻冬舎plusでも試し読みを公開しています。

www.gentosha.jp