TARO BLOG

住宅設備のインターネット販売を行う、サンワカンパニー代表取締役社長山根太郎のブログです。山根自身の取組みや日々感じていることを発信していきます。

20代のうちにやっていて良かったこと


「20代のうちにやっておけば良かったこと」について教えて欲しい、と広報からリクエストがありましたが、あまり後悔していることも無く、別にほとんどのことは今からでも出来ると思っているので、「20代のうちにやっていて良かったこと」について話をしたいと思います。

 

まず、最もやっていて良かった経験は、テニスの遠征で延べ20か国、そしてイタリアに2年、上海に2年と海外の多くの国を訪れ、また現地で生活をしたことです。

 

大学の授業に行こうと駅に着いたら、いきなりストライキで電車が動かなくなったり、電車で寝ていたら荷物を全部持ち逃げされたり…。

いかに日本の当たり前が特別で素晴らしいか、改めて感じたことを覚えています。

 

また、当時としては嫌な出来事・辛い経験ではあったものの、今となって大きな糧になっているのは、自分がマイノリティの立場になったことがあるということです。

 

とある国に遠征をした時のこと、大会の公式ホテルを予約していたにも関わらず、なぜか外国人選手だけオーバーブッキングで部屋が無いと言われ、見ず知らずのロシア人と1ツ星・2ツ星どころか星なしホテルに相部屋で宿泊しました。

その部屋のシャワー室はなぜか排水口が無くて、寝室が水浸しになったのは衝撃でした。

 

またイタリア南部を訪れた際には、私がアジア人ということで、中国人を揶揄するような言葉を叫ばれ、石を投げられるということがありました。

 

日本人として生まれて日本で生活する分には感じることはほとんどありませんが、自分がマイノリティの側になり、自分の力ではどうすることもできない「人種」を理由に差別をされるという経験を通して、その理不尽さ・やり切れなさを強く感じました。

もちろん、当然そのような人ばかりではなく、本当に親切にしてくれた人も沢山いました。

 

だからこそ経営者として組織を作る際に、全ての人を尊重できる組織にしたいと思っています。

昨今、女性の幹部比率や、性的マイノリティ、外国籍の方の登用などが議論されていますが、そもそも国籍や性別による違いよりも、我々個人の個体差の方が遥かに大きい。

要は、誰であろうが相手を尊重するということが一番大切なのではないかと思います。

 

くらしを楽しく、美しく。

社長就任当時と今

2022年もあっという間に2か月が終わってしまいました。

そして、今年の6月で私も代表に就任して8年となります。

特に何かキッカケがあった訳でも無いのですが、会社規模も大きくなり、新しい社員も増えてきたので、少しこれまでの8年を振り返ってみようと思います。

 

就任当時は30歳で、東証マザーズの最年少社長でした。総合商社の一般社員からいきなり上場企業の社長になったので、とにかく右も左も分からないという状態でガムシャラでした。8年経った今の方が知識やスキル、経験があるのは勿論ですが、若くて何も知らなかったから思い切って出来たことも沢山あると思っています。また、本当に多くの起業家やアトツギの先輩に助けていただいて今日があります。(それもあって、頼まれたメンターや顧問等は基本的に断らないようにしています。恩送りです。)

 

社長就任当初は、朝早く出社し、フロアを回って全員に挨拶して、全ての会議に出席して、指示を出して、ランチも全ての部署とメンバー日替わりで行って、残業して、同じく残業していたメンバーと夕食を食べて、歓送迎会には必ず出席するという日々でした。

 

最近入社してくれたスタッフからすると信じられないかも知れませんね。

 

今や、会社に来るのは週に1度か2度で、それも要件が済めばすぐに退社してどこかへ行ってしまう。廊下やエレベーターで一緒になっても、挨拶と他愛もない世間話の他、一切仕事の話はしない。

 

それは、どうすればステークホルダー全員と質的・量的に均等にコミュニケーションが取れるかという事を考えた結果です。基本的には直接コミュニケーションは取らず、発信はブログやSNS、社内報などを通じて社内外均等に行うと決めています。

 

また昨年から社内評価制度も大きく変更し、定期昇給の廃止、総合職賞与は支給月の振れ幅を従来から大幅に変更し、下限と上限の差が相当月数出る形になっています。努力しようがしまいが評価がほとんど変わらないのであれば人間は易きに流れるのが自然です。この30年間日本の生産性が上がらなかったのは終身雇用・年功序列が原因であることは明白で、過去の貢献ではなく、今必死に未来を創ろうとしている人が評価されるべきだと考えています。

 

ただ最後に一つ強調しておきたいのは、就任以来、マネジメントスタイルこそ変わったものの、スタッフに対する想いや、サンワカンパニーで為すべきことに対する情熱が揺らいだことは一度もありません。会社に毎日来なくても困らない組織が作れていますし、社内に居ては出来ない視座の高い業務のため飛び回っています。

 

その証拠に、構造改革期を抜けて成長加速期の初年度となる今年、これまでの一旦の成果がステークホルダーの皆さんにお見せできると思います。

 

勿論それでもまだ我々は何も成し遂げていません。まずは日本、そして世界の人々のくらしで最も必要とされる企業集団になるべく、今後も法人・個人共に成長し続けたいと思います。

 

くらしを楽しく、美しく。

年頭所感

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。本年も何卒よろしくお願い致します。

 

皆さん、年末年始のお休みはゆっくりお休みできたでしょうか。

寒がりの私は、本来であれば暖かい南国でのんびりしたかったのですが、コロナが落ち着くまでは我慢するしかありませんね。来年こそは海外に行ければと思います。

 

さて、当社にとって今年は”構造改革期”を抜けた、”成長加速期”の重要な1期目です。これまでのシステム投資やショールーム投資を確実に成長に繋げて、業績の拡大を内外に示さなければなりません。

 

今年のトピックとしては、既存事業では横浜の完全無人ショールームのオープンと福岡ショールームの移転を予定しており、新規事業では住宅事業「ASOLIE」のフラッグシップハウスが春に完成、リノベ再販事業の1号物件も今月竣工予定です。今期は久しぶりに大きく成長できそうで楽しみです。

 

コロナや地震、原材料の高騰等、外部要因を挙げればキリがありませんが、それらを乗り越えて成長することこそが経営だと思っていますので、言い訳にするつもりはありません。

 

ただ、これはあくまで当社の事業戦略上の話であって、時価総額や売上高、利益は基本的にお客様の満足度には関係のない話です。お客様に満足していただける商品やサービスになっているか、さらに改善できるところはないか、業績が好調であるからこそ浮足立つことなく本質的なところに目を向けて業務に励みます。

 

我々が成長することで人々のくらしが豊かになる、楽しく、美しくなる。そうならないのであれば、企業として存在する意味がないと思っています。

 

本年も何卒応援のほどよろしくお願い致します。

 

くらしを楽しく、美しく。