TARO BLOG

住宅設備のインターネット販売を行う、サンワカンパニー代表取締役社長山根太郎のブログです。山根自身の取組みや日々感じていることを発信していきます。

ショールームの在り方

ここ最近は何かをすれば分断が生まれるような気がして、発信するという事から遠ざかっており、気付けば昨年1月以降1年5カ月ぶりのブログ更新となってしまいました。

 

今回は本日6月16日に移転リニューアルオープンした新東京ショールームと、それにまつわる未来の話をしようと思います。

 

ショールームの新設・移転は、2019年1月の仙台以降、2年半ぶりとなります。

これまでは全て大通りの路面店に移転増床、もしくは新設だったことからすれば、路面店から空中階への移動は意外かも知れませんが、これも昨今の情勢を踏まえた中長期的な戦略の一つです。

 

コロナの影響で業績が悪いと思われた方はご心配なく。

直近の決算では売上は過去最高、営業利益も昨年の約20倍弱出ています。

 

これまでのように、大通りの路面店もしくは大阪グランフロントのようなランドマーク的商業施設に出店するというのは、あくまでその通りや施設に多くの人が往来して初めて意味があります。商品や世界感、ブランド名を交通広告のように露出できるからです。住宅設備や建材のように、多くの消費者の方が一生に1度か2度しか関わることのない業態において、認知を獲得するために今でも非常に有効な手段だと考えています。

ただ、新型コロナの影響で大都市圏の人の往来は激減し、肝心のショールームも予約来場しか受け入れられません。であれば、路面店である必要もないので、前ショールームからお客様の利便性をほとんど変えない場所の空中階に一旦移すという判断をしました。

 

一旦という表現をしたのは、いつになるか分かりませんが最終的にはショールーム兼オフィスの自社ビルを建てたいと思っているからです。

 

もちろん空中階だからと言って世界観の表現は一切妥協しません。今回からデザインディレクターも若返り、ミニマルコンセプトはそのままに自然をテーマにしたこれまでとは違うテイストになっています。ぜひ新しい東京ショールームをご堪能ください。

 

f:id:taroyamane:20210614134445j:plain

移転リニューアルオープンした東京ショールーム エントランスの様子

 

年頭所感

 新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。本年も何卒よろしくお願い致します。

 

昨年は40周年の節目として、記念式典を行い、昨年度の売上も100億円を超えることができました。

 

2020年の今年は国内においては東京オリンピックという一大イベントは控えているものの、我々の属する建築・建設業界においては人口減少や職人不足、材料費の高騰に空き家問題と外部環境は厳しさを増す市場となりますし、国外においても情勢は不安定で不確実性が高まるばかりです。

 

ただ、そのような環境下で成長をすることこそが経営そのものだと考えています。

周りが買い控えて需給のバランスが崩れる時は安く投資ができるチャンスですし、将来の種をしっかりと撒き、自力をつける一年にしたいと思っております。

 

皆様、本年も応援のほど何卒よろしくお願い致します。

 

くらしを楽しく、美しく。

『縁』・『理念』・『挑戦』

 

f:id:taroyamane:20191217155224j:plain

まずは岡田会長、矢野社長、選手、スタッフの皆様、今治サポーターの皆様、JFLからJ3への昇格本当におめでとうございます!!

 

4月末にリリースさせて頂いてから少し時間が経ってしまっていますが、今シーズンからFC今治に我々も少しだけ協賛させてもらっています。

 

テニスプレーヤーの社長が何故突然サッカーへの協賛だったのか、そして何故今治だったのかというのは皆さん疑問に思っているかも知れませんね。

 

会社が大きくなり、私自身もメディアに取り上げて頂くことが多くなると、色々な団体からサポートして欲しいという連絡を頂きます。

 

ですが、オーナーや社長自ら直接来られるケースは殆どありません。大抵は広告代理店か担当営業が、使いまわしなのかな、と感じられるパワーポイントを持ってくるだけです。

そんな中、岡田会長はある日、共通の知人で普段からお世話になっているデザイナーの方と直接大阪に来られて、1時間半、FC今治を通して何を成し遂げたいかというビジョンを語ってくれました。実はこの点が一番大きく一緒に夢を追いかけたいと思った部分です。(同じく社長自らビジョンを語ってくれたチームが、別でスポンサードさせて頂いている西宮ストークスでした。)

 

そして最後は、プレス効果だけを考えて既に有名なアーティストやスポーツクラブに協賛するというのではなく、やはり挑戦する人や団体を応援する会社でありたいという事です。若手アーティストやデザイナー、伝統芸能の後継者、ベンチャー企業など我々は一貫して未来に向かって挑戦する人を応援するコンペや取り組みを続けています。

 

我々自身、世界中の住関係の課題を解決するために『世界のサンワカンパニーになる』という目標を掲げ業務に取り組んでいますが、鼻で笑われることもしばしば。誰かの夢やビジョンを馬鹿にする人は馬鹿にすればいいのですが、どうせなら応援したいし、応援してほしい。

 

今は知名度より共感度の時代です。

 

知名度が高くても誰も共感してくれない企業には社会的な存在意義がありません。逆に本当に共感してくれる人が増えれば、その人がハブとなり共感の輪はお金なんてかけなくても広がっていきます。ただ共感度は知名度と違って数値が取れません。「兎にも角にも大事なのは単年の費用対効果」というようなお役所的な組織では共感なんて集められないでしょう。ここにも長期目線のオーナーシップが必要です。

 

さて先日、社員と経営者仲間を連れて今治に観戦に行ったその日に、J3の昇格基準を満たしました。我々のサポートなんて微々たる金額なのですが、多くの運営やサポーターの方に「応援ありがとうございます。」と直接言って頂いたり、ツイッターでDMを頂いて本当に嬉しかったですね。

 

FC今治関係者の皆様、改めましておめでとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

 

これからもっと成長していけばもっと誰かを応援できるので、皆さんも若い人や挑戦する人を応援する企業としての存在意義に共感してもらえばと思います。

 

くらしを楽しく、美しく。